カニ家は無事です

すごい雨でした。

ワタシの家の周りは被害もなく、困った事といえば愛犬のおしっこ問題ぐらい。家の中では絶対にしてくれないので、大雨の中、傘をさして外へ連れ出すのに少し苦労したぐらい。降る雨の勢いに排水が追いつかず、道路が水に溢れていましたが、人的被害もなく、雨に濡れることなどどうでも良いことのように感じました。

体験を教訓に。

大雨警報が出た日、ムスメは昼前には自宅に戻り、ワタシも上司の指示により早々と帰宅、ムスコは学校が休みで朝からずっと家にいました。そこで問題は夫。こんな事態になると想像もしていなかった彼は、普通通りに仕事を終え、車で家に帰ってきていたのですが・・・

途中で土砂崩れに遭遇し、道は寸断。会社に戻ろうとしても、会社への道も土砂が流れ込んでいます。身動きがとれなくなってしまった夫は、近くのスーパーへ避難したのですが、この日に限ってお財布を持っていくのを忘れていたので、食べるものも飲むものも買えません。ところが神は夫を見捨てず、続々とスーパーに避難してきた同僚達によって救われるというミラクル連発で、飲み食いに困ることなく生き延びました。とはいえ、スーパーの中の食料は予想以上になくなるのが早く、トイレは解放されたものの、事態は深刻化するばかり。

一夜明け、少し先のコンビニへ行っても、もう食べるものは売っていません。たった数時間で全てが消えるという嘘みたいなことが本当にあるんですね。もうお金を持っていても何の役にも立たないのです。(持ってないけど)

でも、生きているというだけであとは何とでもなります。

ところ変わって家では、何もすることがないワタシとムスメ。こういう日は備蓄で過ごしてみようと、今月期限到来するパックご飯と、冷蔵庫の中にあった調理済みのお肉を、ガスと電気も使えるのに湯煎料理にして、インスタントのお味噌汁と一緒に夕食をすませました。

幸運なことに、水も食料も、我が家には備蓄がいっぱい。毎月チェックしては消費と補充の繰り返しをしているので、たとえ近くのスーパーの食材が消えようとも10日以上は余裕で平気です。ローリングストックの必要性をひしひしと感じました。

近所のスーパーは被害こそないけど、物流が止まっているので棚の商品は刻々と減ってきています。きっと大きなお店も、ストックはどんどん減ってきているだろうけど、TVで放送されている、被害の大きい場所から連想するほどのパニックは実感としてありません。でも断水している場所もたくさんあるし、家からちょっと進んだ先のエリアは、川のまわりの道路が崩れ、自衛隊の車が何台も走っています。ほんの少し住む場所が違うだけで別世界のような光景が広がっていて、なんとも言えない、言葉にならないそんな気持ちです。

今日はムスメの学校は休校。ワタシも会社はお休み。でもムスコはどうしても学校に行かないといけないと言って、朝、お弁当を作って出かけて行きました。

国内外からたくさんの心配メール、ありがとう。私達家族は皆無事です。そしてこんなに普通にお弁当つくって普通に過ごしています。今日は天気がいいので朝から3回も洗濯して、シーツもタオルもパリパリになるほど干しています。ゴム収集車も普通にやってきたし、ヘリの音も、救急の音も、どうもよそ事のようにしか感じられないぐらい、普通の1日です。呑気なものでムスメはまだ寝ています。もうお昼なのに。

今日は、今回の体験で得たことを教訓とし、ノーマークだったものをすぐ揃えます。こういうことは忘れないうちにしないとね。すぐやる。すぐ動く!

コメント

  1. るる より:

    無事でよかった!涙

  2. りりぞう より:

    本当に無事でよかった!ニュース見る度そわそわしてました。

  3. ケイ より:

    ニュ=スで信じられないくらいの濁流。
    かにさん家あたりは大丈夫だったのね。
    無事でよかった。

    災害って局地的にひどいことになるのよね。
    地震の時もそうだった。私んちの周りは大丈夫だった。

    • カーニバル より:

      そうだよね、集中したエリアでなったりする。
      地震も大雨も噴火も、天災は本当に怖いね。
      お互い気をつけないと。

  4. gulu より:

    無事で良かった。
    連絡するのも躊躇う程の様子を画面で見て
    ハラハラしてました。
    発信してくれてありがとう。
    しばらく混乱が続くだろうね。
    昨日、夫の大会があったのだけど
    ここの所の日本中の災害に、
    なんだか自然が怒っている気がして
    大海原の前で皆んなで祈りを捧げました。
    旦那様も大変だったねえ!

    • カーニバル より:

      大会!それも自然が相手だからほんと気をつけなくちゃね。
      そうそう、道路がものすごいスピードで復旧してる。
      高速道路とかめっちゃ早い!
      自然相手には勝てないけど人間もすごいね。

  5. haru3012 より:

    お久しぶりです。
    無事でよかったです。
    ブログ読んでホッとしました。
    自然災害の備えと改善やらをうちもこの数週間しています。
    せっかく体験したならすぐ行動すぐ次に生かすが大事だと肌身に沁みました。
    カニさん、カニさんご家族が元気でとっても嬉しいです。

    • カーニバル より:

      そうなの、無事であることに感謝しつつ
      体験で学んだことをしっかり活かさないとね。
      嬉しいですのコメントに、こちらも嬉しくなりました。ありがとう。

  6. どんぐりん より:

    ひどかったねー 
    うちは、山が崩れたらアウトだけど
    今のところは大丈夫。
    カニさんとこも少しずれてたら大変だったね。最初は全体像がつかめなかったけど 色々わかってきたら未曾有の大災害だわ。
    呉の友人は家に帰れず 宇品からフェリーで帰ったって(*゚ロ゚)
    そんな中 あれだけど…不謹慎なんだけど。
    金曜日の夕方 仕事から帰ったら 家の前で でかいネズミが死んでてさ(汗)倒れそうだった。大雨で流してくれればいいのに流れもせず(-_-#) 車で少しひいちゃったからね。雨も心配だけど ネズミの始末を考えて憂鬱な一晩だったのよ。

    • カーニバル より:

      松山~宇品のフェリーの記事が今朝の新聞に載ってた。
      溢れる通勤客の写真に、それ気付かんかった!って思ったよ。
      ネズミもさ、下水が溢れて逃げてきたか水死して浮かんできたか
      可哀想だけど、でもねぇ、家の前だとねぇ、ひいちゃったのもねぇ・・・
      生きてると色々想うよね。どんぐりんさんが生きてて良かったよ。

  7. nana より:

    無事で良かった。旦那さんも無事で本当に良かった。

    テレビで見る映像は想像をはるかに超えるもので、東日本の津波の後と同じ様にも見えて、昨日大和川の堤防を歩きながら 甘く見たらあかんなぁとつくづく思ったよ。

    カーニバルさんもどんぐりさんも無事であった事に感謝。

    • カーニバル より:

      ワタシも津波の光景がフラッシュバックした!
      倉敷はまさにそんな感じだもん。
      今日会社のみんなが、家にもう食材がないから
      なんとかしてくれい!って。もぅーーーーー。

  8. yukie より:

    ほんと、ご無事で何よりです。
    普段食料備蓄はしてるけど、水の対策は皆無。
    うち一階だし、川が近いし必要だと感じたわ。
    必要なものをサッと持ち出して上の階に避難することくらいしか思いつかないのだけどね。

    しかし、夫氏。
    どんな時も夫氏よね。
    暗闇を照らす光のような人ね( ̄▽ ̄)

    • カーニバル より:

      水が一番重要だからねぇ。水、買おう。
      でもyukieさんは他のストックがいっぱいあるから
      水の準備したらほぼ安心なんじゃない?
      でも、川が近いとストック場所も上へ上へ、だね。

      夫氏もそうだけど、yukie夫氏も我が家では光。
      2日前ぐらいムスコがyukie夫と会いたいって言ってました。
      来年の春からはお世話になります。

  9. ゆずび より:

    仏様、カニさんご一家のご無事を聞いて安心いたしました。
    何処にいてもいつ何があるかわからないけれど、テレビで被害状況が映し出されるたびに
    胸が痛み、前を向いて歩くって大変なことなんだなって、今は感じます。

    しかしyukieさんも記しているように、仏様の連日行動、持ってるね、神ね。

    • カーニバル より:

      仏はレスキューで張り切りすぎたのか昨日の夜、腰が痛いと言って
      マッサージチェアでウィーンウィーンとマッサージを開始したのに
      すぐさまムスメが夜の愛犬散歩に出ると言い出し
      危ないから一緒に行く為、マッサージ即中断。
      結局マッサージできず就寝→朝も早くから出勤。忙しそうです。

  10. jazz より:

    ご家族の皆様ご無事で良かったです
    今朝のニュースで川がまた氾濫したと流れてました
    まだまだ不安が残りますが、気を付けてお過ごしください!

    • カーニバル より:

      そうなのよ、土砂と流木が川をふさいじゃって大変なことに。
      あの付近であんなことが起こるなんて誰も想像してなかったから
      もうビックリだし、まだまだ気を抜いてはならぬということね。
      気をつけます。

  11. ete より:

    カニさん、昨日の川の氾濫のニュース見て、心配になってコメントしました。
    すっごくお久しぶりですが居ても立っても居られなくて。お隣県は大丈夫ですが、、、
    カニさんのお家はブログ見ると2階リビングだったかと思うけど、大丈夫ですか?
    あんなに中心部でいろんなことが起こってほんと自然は誰にも止められないのがせつなすぎる。どうぞ何事もありませんように。

    • カーニバル より:

      逆のお隣は大変な状況だけど、そちらもね、まだ油断せぬよう。
      そうそう2階がリビング。でもね、近くで土砂崩れがあったとしても
      うちにはあまり影響ないかな。川も近くにないし。
      でも想定外が起こるかもしれないから怖いのよね。

      • ete より:

        良かったです!
        昨日の川はあっという間の出来事でびっくりして慌てちゃいました。何ともなくて良かった!
        カニ家は備えが万全で安心よね。我が家も見習わなくては。

        • カーニバル より:

          あの付近に友の会メンバーがいたからワタシも慌てたのよ。
          でも何事もなかったみたいで安心した。
          備えてるつもりだったけど、不備はたくさんあったよ。
          モノだけじゃなくてお金のこと含め色々学びました。

  12. こりす より:

    無事でよかったです。安心しました。

    • カーニバル より:

      今日もあちこち崖崩れや池決壊のおそれがあるのに
      夫も同僚もボスも、そういう場所に引き寄せられるようにして行くのよ。
      仕事とはいえ、こっちはヒヤヒヤもの。

トップへ戻る