将来必要なお金は一体幾らなのか

老後資金は1人○○○○万必要です。

という情報を目にする度

まだ先のことだし、と目を背けたり

あえて考えないようにしてみたり

なるようになると思い込んでみたり

それはワタシの場合

その時の心の状態で受け止め方が違います。

でも大抵の場合、お金の不安というものは

分からない状態から生まれるものなので

漠然としたものを、これから1つずつ

明確にしていこうと思いました。

老後資金の確保をしていますか?

というアンケートに「はい」と答えた50代は

28%という調査結果があります。

つまり72%の50代が

老後資金を確保していないことになります。

まだ自分が50代でないので、

あまり切迫もせず、他人事のように感じますが

もし50代だったとしたらどう受け止めるのか

ちょっと想像力を膨らまして考えてみました。

ところが、答えを出そうにも答えが出ません。

なぜなら、老後資金が幾ら必要なのか

ワタシ自身が分かっていなからです。

だけどそれは、老後どう過ごしたいか

未来予想図によっても金額は違います。

今思い描いている将来と、

老後を迎えたその時では違うかもしれない。

こういう分からないことがあるから

不安要素が出てくるのではないかと思うわけです。

ならば、分かっていることからハッキリさせて

分かっていることばかりを増やしていけば

分からないことにも対処できるのではないかと

分からないなりに考えました。

65歳までに貯蓄1750万!

これが1つの目安だそうですよ。

しかも最低金額。

1000万を超える貯蓄をしたことがないのに

現実的にこの金額をこの先プールできるのか

数字を見ただけで胸が圧迫されそうです。

でもここはスルーします。

まずはハッキリとしていることを明らかに。

現時点で自分の年金が幾ら入るのか

そこから把握していこうと思います。

以前もねんきん定期便のことで書きましたが

今一度、年金見込額を試算してみました。

計算すると、若干変わっていましたが

ワタシは年163万、夫は年179万

夫婦あわせて年間342万円でした。

これで公的年金の金額はハッキリしました。

夫婦で年収340万なら月額28万です。

今から28万で生活するのに慣れておけば

問題ありません。

でもそういう計算通りにはいかないのが人生。

先月から昨日にかけて

予想外の病院代(愛犬含む)に6万強かかりました。

お金がないでは済まされないこともあるので

何事も想定外を想定しておかないといけませんね。

夫とワタシは会社員です。

年金試算はこの1~2階部分にあたります。

まずはここだけ、把握してみました。

次のステップは

年金以外で入るお金があるのかないのか

入るならどれぐらいあるのか調べていきます。

漠然とした不安は今のうちに取り除いておきたいものです。

コメント

  1. どんぐりん より:

    ついこの前までの私がそう!目をそらしてましたよ。
    漠然と70まで働くかなぁなどと思って(お金はあったらあったで邪魔にならない)細かい計算は先延ばししておりました。
    …が、こんな会社でやっとれるかという案件があってから いつなら辞められるのかを逆算するのとにいたしました。
    我が家の総資産から カニさんと同じく年金の支給額 それから 老後の生活資金の見込み 年間固定費などなど なんとなく想定は出来ましたが 問題は何歳で死ぬのか?何の病気になるのか?でしょうかね。

    年金事務所とか 年金基金に問い合わせたときの反応は そんな事もう知りたいの?ってムードはありましたよ。53才なのにねー
    職場の50代もあんまり考えてない風だし そもそも年金の知識もうすそう。
    失業保険も 手前で辞めてたほうが得だったとかあるんだけどね。法律もあれこれよくかわるし よく知識仕入れて損をしないようにね。

    • カーニバル より:

      結局、働けるうちは働くという形が
      一番ラクに生活が出来るってことなんだろうね。
      頑張ってお金を貯めたところで
      働かなければ食い潰していくだけだし
      貯めてなくても働いていれば成り立つし。

      問い合わせの反応!それワタシも同じくよ。
      なぜか「未納」の月があって連絡したんだけど
      相手との温度差がかなりあって変な気分だった。

      失業保険まで損得あるの?
      もう勉強することがいっぱいありすぎる。
      どんぐりん先輩に色々教えて貰うのが一番早そうだ!

      死ぬ年齢はとりあえず90歳ぐらいにしとく?
      でもうちのおばーちゃん、余裕で元気よ。
      おばーちゃんの姉は100歳です。

  2. るる より:

    こんばんは!

    えええっ!どんぐりんさん53才なの?
    カニ会の時にわたしの隣だったよね!
    はー、びっくり。見えない。

    最近できたママ友は、ひとまわり以上年下なの。彼女のご両親の方が年が近いw
    20代なのに優しくて可愛い。
    ピンク・レディーのミーちゃんに似てる。
    でも、ピンク・レディー知らないと思うから言わない。。。

    明日、夫の先輩のおうちにお呼ばれしたから行ってくる。
    なんと、投資で儲けて2億円で建てた家なんだって。色々楽しみ!

    • カーニバル より:

      ピンクレディーは分かんないだろうねぇ。
      だってほら、神田沙也加だって
      聖子ちゃんの娘って知らない人がいっぱいなんだよ。
      そして聖子ちゃんは55歳。
      55歳であの可愛さよ。すごすぎる。

      2億の豪邸、どんなだったか教えてね。
      ワタシも投資の勉強はじめたんだ。
      全くの初心者なので
      るる先生のどんな言葉も吸収したい。

  3. ゆずび より:

    おはようございます。
    私もこれまで今後の生活シミュレーションをして、ケチになったり、金は天下の回り物みたいに思想転換して散財したり、、、、
    でも私は望まなければ、どん底から這い上がる方法を知っているから何とかなる。
    カニさん、この日本にいる限り大丈夫よ。

    るるさん、その豪邸気になるわ~。観た~い。
    最近、ACTUSから出版された123人の家という分厚い本を購入し、眺めているのよ。

    • カーニバル より:

      ケチなゆずびさんが想像できません。
      どんなだったんだろ。
      ワタシも波はあったけど
      今はある程度気持ちにゆとりが出てきて
      何かあっても何とかすればいいや。
      って思えるようになったかな。
      でも、もっと気楽になるために
      今から心とお金の準備を始めようと思って。
      この年齢になると、早すぎるわけでもないし
      だけど遅すぎることもない、丁度いい時期よね。

      あの本は寝転んで読むには重たすぎるね。

トップへ戻る