投げる消火器

昨日、自宅に戻ったら

家の前に電力会社の人が数名いまして

うちの家とその付近の家を

ライトで照らしていたんです。

何をやってるんだろうと見ていたら

そのうちの1人が

停電の工事をしています。

と教えてくれました。

何が原因なの分からないけど

ワタシの家の隣から3軒、停電中。

クリスマスの夜に停電って

作業員も停電中の家庭も気の毒すぎます。

お隣さんは、22時頃まで真っ暗でした。

防災用品や備蓄品は、災害時だけじゃなく

予期せぬ停電にも役立つのだと

備える事の重要性を再確認した夜でした。

防災グッズリスト

という雑誌の中の特集記事を見ていたら

災害スペシャリスト達が

これだけは最低限揃えておくべき。

という項目がありまして

ワタシは自分が準備しているものを

1つずつチェックしていきました。

すると、ないもの発見。

それは消火器でした。

買うことを検討したことも

過去に何度かあったけど

実際購入するには至らず・・・

でも記事を読めば読むほど

消火器は必要! 

という意識に変わったわけです。

これが3ヶ月前。

そしてワタシは、年内に消火器設置。

という目標を掲げ夫に相談しました。

こういうのがあってね、

家に置いておこうと思うのよ。

もしワタシ達が居ないとき

ムスコとか、ムスメとか

1人で居る時に火事になったら

消火器あった方が良くない?

それに、隣の家が火事になって

こっちに燃え移ってくるとか

まわりからもあるかもしれないし。

準備だけしておこうよ。

と、話をしたのですが

いやいやいや、要らんでしょ!

わざわざ買わんでしょ!

と笑われました。

がーん。

ところがですね。

宇宙の法則というか

引き寄せの法則というか

自分の予期せぬところから

願いは叶えられるわけです。

まさかこんなものまで・・・という驚き。

投げて消す消火器。「サット119」

お年寄りも子供も簡単に火を消せます。

台所に置くことにしました。

だけど1つじゃ足りないから追加で買わなきゃ!

と思ったらまたやってきました。

宇宙怖っ。でも嬉しい。

投げる消火器が必要だと思ったのは以下の理由。

もし火事になったら・・・

普通の消火器は使ったことがないので

いざという時、パニックの中で使えるか不安。

炎の中をくぐり抜けて逃げるのは怖いから

避難経路だけでも消火して脱出したい。

ムスメでも簡単に使えるもの。

あとは調理中の火事対策で

コンロまわりの火を鎮火させるもの。

なった事がないから分からないけど

水を汲んでかけるとか間に合わないし

カーテンに引火したら本当に怖い。

だからパッと消せるもの!とにかくパッと!

引き寄せた投てき消火サット119の説明には

  • 小さく、軽いのでどなたでも素早く持ち運べる
  • 投げるだけなのでパニック状態でも使える
  • 消火能力が高い(避難路の確保にも効果的)
  • 人体・環境にも無害、また後始末も簡単
  • 威圧感を与えない外観なので、リビングや寝室など
    すぐ手に取れる場所に設置できる。

と書いてありました。

天ぷら用消火パックまでついていて完璧。

コメント

  1. m より:

    おお!
    カニさんの引き寄せる力ってほんとに強力ですね。
    わたしもその力が欲しい。
    んで、今欲しいのはfood truck。
    なかなかちょうどいいのが見つからないんです。

    • カーニバル より:

      フードトラック!
      あぁ・・・いつだったかなぁ。
      これ素敵!っていうの見たんだけど
      それがどんなのだったのかも忘れちゃった。
      うっすら三輪自転車だったような・・・
      だけど買うにしてもキッチンカーって高そうね。
      でも、もしかしたら理想のを引き寄せるかもしれませんよ。
      今年うちに来たminiもミラクルが重なり
      アホみたいな価格で手に入れたので。
      発信し続けてください。

  2. マチコ より:

    かにさん、お疲れさま。
    私がいるところは、クリスマス雰囲気も年末雰囲気も全くない!
    年始は1日だけのお休みで、週末と合わせて3日間のみ。
    日本の年末年始雰囲気が好きだから、ちょっと恋しいです。

    今は、便利な消火器があるんだね。
    消火器なんて必要ないんじゃないかと思ってしまうけど、
    実家が火事になった時に、あぁ、やっぱり必要なんだなぁと思いました。

    • カーニバル より:

      マチコさん、お疲れ様。
      こちらは学校が冬休みに入り
      通勤時は道路がガラガラよ。
      会社では挨拶回りの訪問客ばかり。
      お店はお掃除コーナーが充実してて
      福袋の予約や案内もいっぱい。

      建て替えの日記を読んだとき
      命が一番大事って思ったもん。
      あれから始まったのよ、消火器欲しい病。
      家が燃えても、宝物が消えても
      命さえあればなんとかなるもんね。

トップへ戻る