大久保ハウス木工舎

たくさんある中から選んできました。

どれを取っても手にフィットして

早く帰って料理がしたい!

と思わせる道具でした。

いいものを、ずっと永く

商品と一緒に入っていた小さな紙に

へらの紹介が書いてありました。

驚くほど軽くて振りやすいのは

水に強い木を選び、薄く仕上げているから。

油ものに使うと色が変わるけれどそれでいい。

乾燥から木を保護し

ずっと永く使える道具になっていくのだから。

こんな使いたくなる調理器具はめったにない。

右利きのあなたにも、左利きのあなたにも。

桜の木のへらは、右利き用と左利き用。

なんとも炒め物がしやすいカーブで

左利きのムスメも、おぉぉぉぉ!

と興奮するほどの使いやすさ。

今まで使ってきた中で断トツのNO1です。

そして栗のしゃもじ。

なるほど!この形、使って納得。

木の杓文字を買ったのは2度目だけど

以前の有名どころのものより

激しくこちらの方が好みです。

形が形だけに多用途でもあるし

土鍋ごはんにもよくあいます。

大久保公太郎さん、ありがとう。

ガツガツ毎日使います。

このページにはコメントできません
トップへ戻る