鍋と蒸篭とコンロ

うはー♥

計算して買ったので当たり前だけど

鍋と蒸篭、大きさぴったりです。

土鍋には30cmのせいろ。

やっとこ鍋には24cmのせいろ。

サイズがあうと気持ちがいいわ。

照宝の蒸篭も年季が入ってきました。

蒸篭24センチはちょうどいい大きさなので

いつも取り出すのはこのサイズ。

でも1人分や少量のものを蒸したりするには

もう少し小さめの方が扱いやすそう。

次に買う機会があれば18cmぐらいがいいかな。

それにしても

矢床鍋に蒸篭を乗せるとセット品みたいです。

木とアルミの組み合わせ、雰囲気がとてもいい。

ムスコが、バイト先からご飯を貰ってきたので

蒸して温めなおしました。

アルミの鍋は本当にお湯が沸くのが早いですね。

冷ご飯もあっという間にホクホクです。

せいろも、ヤットコ鍋も

今時感のない古臭いものかもしれないけど

自分の好きな調理器具がどんどん揃ってきて

気持ちはどんどん高まるばかり。

だけど残念なことに

鍋の底が黒くなっています。

ここのところ鍋もヤカンも、底がコゲるんです。

今までは、洗えば済むことだし

別に大した事じゃないって思うようにしてたけど

単純に、ガス屋に連絡するのが面倒なんですよ。

電話するだけなのに面倒って、一体何なんですかね。

で、重い腰を上げて連絡してみました。

だけど本当に面倒なのは、

都合をあわせてやってくるガス屋のほう。

ワタシは家に居ただけです。

しっかり点検してもらったところ

温度センサーの部品が故障していると判明しました。

もう反応していないその部品ですが

うちのコンロは随分と古い型なので

もう修理はできません。

部品はどこにもありません。

鍋を焦がさないようにする方法は

常に極弱火で調理するか

コンロを買い替えるかのどちらかです。

って、どっちも嫌だし!

家電全般にもいえることだけど、

メーカーの補修部品保有期間って

早ければ5年ぐらいで終わりなんですね。

コンロなんて新製品がどんどん出るし

機能も年々良くなってきてるんだから

修理より新しいの買ってよ!って流れなのでしょう。

うちのコンロは使用期間20年超え。

そりゃ修理なんて無理ですわ。

でも新しいの買うのも嫌ですわ。

SNSフォローボタン

コメント

  1. gulu より:

    会社休みまくっていて久しぶりに来たら♡
    やっとこ鍋素敵\(^o^)/
    持ち手がないのもスッキリの理由なんだろうな。
    蒸籠が乗っているビジュアルも痺れます。

    カニさんちはコーヒーを淹れる時のポットは特別なの使っている?
    それともあの素敵なケトルからお湯を注ぐのかな。
    うちのは注ぎ口が細~くなっている、本当に珈琲をいれるためだけのケトルなのね。
    容量も大きくないのでストーブの上には置いておけないし。
    今、鍋問題とともにヤカン問題にも直面しています。
    持ってる道具に二つ以上は仕事してほしいんだよね~。
    そしてさらに物を減らしたい。

    • カーニバル より:

      ほんの少し、やっとこで掴むという動作が
      面倒かもしれないなーって気がかりだったけど
      全く不便でも何でもなかったよ。
      逆にコンロ上がスッキリして
      鍋同士も当たらないし
      調理中、持ち手が体にぶつかることもない。
      良い品でした。

      guluさん、ドリップポット使ってるんだ。
      素敵ねー、あの細い注ぎ口でコーヒー淹れるのと
      やかんで作るのじゃ味が違うって言うもん。
      うちはコーヒーも紅茶もあのケトル使ってる。
      夏の大量麦茶と冬の湯たんぽ用には
      アルミの給食用のでかいやつ使ってるよ。
      ストーブの上に置くやかんも
      いいのいっぱいあるよね。
      うちの父親は鉄瓶使ってるけど
      それもまた佇まいが美しいし
      銅のやかんもかっこいい。悩むね。
      2つ以上の働き、すごくそれ分かるよ。

トップへ戻る