いのち愛しむ、人生キッチン

タミ先生にすっかり虜です。

本を開いてのっけから

ガン見してしまった台所写真は

目に入った瞬間、ドキッとしました。

ワタシが結婚してから使っている鍋は

母親が使っていたものを譲りうけたので

かれこれ30年は使い続けています。

ここ数年、ボチボチと鍋つまみが壊れはじめ

中のパーツも割れてしまいました。

修理に出そうにも、取扱店がなくなり

そこらで売ってあるもので代用すると

鍋の機能である無水調理が出来ません。

フライパンは自分で買ったことがあるけど

鍋はいまだ買ったことがないので

この際、買い替えようかと思っていたところの

タミ先生の台所写真です。

ドキッとした理由は

多分この銅鍋ずらり。

これを見てから毎日、銅の鍋を調査していました。

タミ先生と同じものが買えるお店もあったけど

いやいや、待て待て、落ち着いて!

冷静に、自分に必要なものを探します。

それからこれは水出汁。

タミさんの真似をして作ってみました。

料理研究家の方々が、毎晩寝る前に仕込む習慣を

いろいろな本を読んで知っていましたが

作ってみようと思ったのはこれが初めて。

この水出汁で作ったお味噌汁の美味しいことったら!

今後も続けようと思います。入れるだけだしね。

「毎日使って心地いい道具」というページに

基本の鍋の紹介がありました。

種類は3つ。

長年料理をしてきたタミ先生の言葉は

説得力があり、今後の台所仕事に

かなりの影響を及ぼしそうです。

長期プランで見直し決定。

このページにはコメントできません
トップへ戻る