家計簿*交際費

10月より下半期スタートです。

上半期の家計簿をめくっていると

月の支出が一定ではなく

支払いが多くなれば貯蓄額は減り

支払いが少なければ貯蓄額が増えるという

当たり前の現象に頭を悩ませていました。

分かりやすい家計簿を作ったはずのに

支払いが一定でないことで

結局分かりにくい。

そこで、「生活費」と「貯蓄額」を

毎月固定にしてみることにしました。

交際費

うちの交際費とは

お祝いとお悔やみだけですが

発生する月はそう多くなく

だけど全くないわけではないので

あったり、なかったり。

これでは毎月の支出が固定できません。

そして管理も把握も難しいので

金庫で現金管理することにしました。

これで、毎月の支払いとは別になります。

しかも金種も揃えて万全の態勢です。

これで突然のことでも

すぐ準備が出来るようになりました。

お祝い事は前もって知らされるけど

それ以外は大抵急なことなので

バタバタ焦る回数も減るかもしれません。

(銀行に入れていないのはその為)

そして何より、毎月の生活費に支障が出ない。

動きがあってもなくても

このお金がなくなるまで月の支出は固定されます。

支払額と貯蓄額が一定になると

家計簿の計算はラクになるし

家計ストレスも軽減。

結果、毎月ちゃんと積立が出来て

借金は完済、貯金は急成長!

・・・という理想の流れが

現実に起こることを期待します。

ダイト 手提げ金庫の詳細はコチラに書いています。

このページにはコメントできません
トップへ戻る