女度3割増し

夏休みもあとわずか。

というところで、

少女はついに部活引退。

やっと時間が作れる!と思った時には

すでにお祭りも花火大会も終わっており

あぁぁぁ、私の夏を返してくれぃ。

と嘆くムスメ。

浴衣が着たかった。

という願いは、すんなり叶いました。

普段走ってばかりのムスメも

浴衣を着ればおしとやかに。

でも20分ほど歩いたところで

応急手当。

足の厚みがあるムスメには

どうにもこうにも下駄がつらい。

無理して歩いていましたが

何度も休憩が必要です。

来年は足が痛くならない下駄を買います。

最近は下駄風サンダルも売っているし

普段履きにも使えそうなもの見つけよう。

また休憩。

ジュースの次はソフトクリーム。

そしてこぼす。

あーあ。

結局、ムスメは下駄を履き続けることが出来ず

ワタシのサンダルで軽快に歩き回りました。

足が痛くならない下駄って

どんなのがいんだろう。

下駄は難しい。

SNSフォローボタン

コメント

  1. どんぐりん より:

    甲高の私も 草履は嫌い。
    だから 喪服(着物)は出来るだけ避けたいのに 嫁入り道具をそろえた実母が 何のために揃えたと思っているのかと目を光らせているために四度も着たわ。(義父義母実父旦那) 斎場あたりでは 引きずってる感じ。
    残すところ その母だけなのだけど
    せっかく買ったからきてほしいだろーねー。どうするかねー 幅広甲高の黒草履ないかなぁ 本当は黒のドレスに黒いベールとかがいいなぁ

    • カーニバル より:

      目を光らせている母・・・w
      いつまでもお元気でいてもらって
      履かなくてすむようにしてもらいましょ。

      ドレスにベール、もう!
      すっごい想像できるし、その姿で(真顔で)
      ブラックな話してるとこも目に浮かぶんだけど。
      あぁ、やっぱりどんぐりんさん、ツボだわ。

      広陵、ついに!

  2. ゆずび より:

    娘ちゃんのその白いおみ足、足袋を履いているいるのかと一瞬見間違いました。(笑)
    娘たちは私の履きなれた下駄を履いていましたが、新品は男性に履いてもらい鼻緒部分を広げるといいらしですよ。神様か息子ちゃんにギュギュっと履いてもらってみて。
    お試しあれ~。

    娘ちゃん、本屋さんで佇む姿、いいわよ~♡

    • カーニバル より:

      今なら足袋いらずで着物も着れるわね。
      あの下駄、新品じゃないし
      ワタシは痛くないんだけど
      ムスメはダメみたい。
      広げるのもいいけど
      そしたらワタシが履く時どうなるんだろう。
      まぁいいか、るるさんが教えてくれたところで
      ワタシもいいの見つけよう。

  3. るる より:

    おはようございます!

    着物の時の草履は、菱屋のカレンブロッソ、というお品がおすすめ。
    いや、おすすめと言うより、これしかない。

    わたしは、浴衣は着ずに夏着物だけれど、
    カジュアルな綿着物でも、下駄に近いシリーズがあって、とにかく、決まりのある草履以外は、いつもカレンブロッソ履いています。(出産してから着物着てないけれど。)

    大人になって、浴衣に足元がクロックスだと残念だけれど、それが許されるうちは、サンダル履きを楽しんでもいいかもね。

    • カーニバル より:

      あぁ、やはりるるさんは詳しかった。

      るるチョイスの数々はいつも洗練されてるし
      譲ってもらったものを見ても
      センスの良さを感じずにはいられない。
      そんな人から「これしかない」と断言されると
      あちこち探す時間も不要になって嬉しいわ。
      早速探してみよう。ありがとう!

      浴衣じゃなくて夏着物っていうとこだけで
      るるさんの世界観が素晴らしく見える。
      かっこいい。

      • るる より:

        譲ってもらったもの。。。?

        脇の香りクミンソースに、謎のゴミすくい(雪落とし)爆

        • カーニバル より:

          ゴミすくい、一般的にはピンクとかブルーが多いじゃない。
          なのに白だった。センスいい。

          思い出せるものがあのネットと脇だなんて
          笑いのセンスも抜群なんだから!

トップへ戻る