長い間、お世話になりました

人の気持ちは変わるものなんです。

ずっとなんてないんですよ。

最初はそう感じていたとしても

気持ちが変化することだってあります。

ワタシの好みドストライクだったし

スタイリッシュな姿にも惚れていました。

このままずっと、

一緒だと疑いもしませんでしたけどね、

もう無理だと気付いたんです。

限界と言うと大げさだけど

我慢するよりも、気持ちを軽くするほうが

この先、気持ち良く暮らせます。

だからお別れする事に決めたんです。

だって、重いんですよ!

身も心も軽いのが理想的。

重たいのは気が滅入ります。

億劫な気分になる原因は

重たいからと分かっているのに

こんな自分がダメなのだ。と思ってしまう。

だけど悪いのはワタシじゃありません。

重たいのが悪いんです。

大は小を兼ねる!

と言うけれど、そんなことはありません。

むしろ小さい方が良い場合が多いと

たくさん実感しています。

小さくても十分。

大きくなくていい物はいっぱいあるんです。

高価なものだったし。

というのも、買った時の話ですが

手放せない理由の常連ですね。

だけど実際、今売ろうと思ったら

幾らになるというのでしょう。

調べてみると、たいした額にはなりません。

もう価値なんてないんです。

自分が気に入っていれば

世の中で需要があろうがなかろうが

そんなことは気にしなくていい。

だけど、売る手間をかけてまで

売るほどのものではない場合、

高かったから・・・というのは

残しておく理由になりません。

残念。

だから処分対象になりました。

20年以上使っても、全く壊れないミーレの掃除機。

さすがドイツ製。まだまだ現役でよく動きますが

ルンバやブラーバが毎日稼動している我が家では

ミーレの働く場は階段しか残されておらず

手放す理由となった重さと大きさは

掃除を億劫にする十分な理由となります。

よって、追放です。

でも捨てるのは心苦しい。

まだ使えるのに捨てるなんて・・・

と、最後まで心の葛藤がありました。

でも、この掃除機を置いているスペースは

これがなければ広々とスッキリし

他のものも入れやすく取り出しやすいのです。

新聞1面ぐらいのスペースであれ

毎月住宅ローンを払っているわけで

空間もお金も無駄にはしたくありません。

使わないものは手放す!

執着からの解放です。

欲しいという人が現れたので

後ろめたい気持ちもパコッと消えました。

あー単純。でも良かった。

収納場所も気持ちもこれでスッキリです。

また我が家から大物が1つ消えていきました。

住宅ローンの支払のうち

このスペースには幾ら払っていたんだろう。

500円ぐらいかかっていたのかな。

だとしたら、毎月500円

損しないように快適にしておかなくては。

何はともあれ、ミーレの掃除機には

長い間、お世話になりました。

これからはマキタのハンディ使います。

掃除機かけたいのは階段だけなので

充電クリーナーで十分です。万歳。

SNSフォローボタン

コメント

  1. gulu より:

    激しく同意です。
    略して激同です。
    ミーレの掃除機かっこいいよね。
    シルバーに痺れるね。
    でも、人は成長していくのよね。
    20年も使っているようになんて見えないピカピカミーレ。
    大切にしていたのね。
    年齢とともに必要なものも変わってくるもんね。
    最近ね、あっさり物が買えなくなってきたよ。良い傾向。

    • カーニバル より:

      略しちゃうんだw
      ワタシも使ってみよう。
      (変換したら激動になった!)

      意識も気持ちも変わるのね。
      変わらないこともあるんだろうけど
      変わることも多いのね。
      guluさんも買物に慎重になり
      これからどんどん変わっていくのよ。
      財宝ザクザクよ。
      最悪は最高に変わるのね。
      結果オーライ。

トップへ戻る