企業年金はあるだけラッキーの現実

ねんきんネットで公的年金の額を調べました。

次は企業年金です。

会社の関係部署に問い合わせて聞いてみました。

ワタシが知りたいのは、金額です。

毎月幾ら貰えるのか。

それだけです。

担当者が言うには

ちゃんと調べないと分からないらしく

今調べるにはまだ早すぎると返事をされました。

そんなに正確に知りたいわけではなく

ザックリで良かったのに

スッキリどころかモヤモヤが残ってしまいました。

そこで、もうじき定年予定の方に

話を聞いてみることにしました。

するとモデルプランを教えてもらえました。

確実ではないけどおおよその見当はつきました。

それからすでに受給している人にも聞きました。

どちらも大先輩の女性です。

2人が「あまり期待しないように」と

声を揃えて教えてくれた額は

ワタシが予想していた金額より

はるかに低額でした。

でもこれが現実。

少額でもあるだけラッキーです。

掛け金を負担していないのに

貰えるんだからありがたい話です。

むしろツイてると思うべきです。

しかも終身です。

生きている間、ずっとお小遣いをくれます。

低額ですけど。

それにしても、企業年金は色々あるんですね。

ワタシが調べたのは確定給付企業年金(基金型)です。

勤続年数によっても一時金になったり年金になったり

給料によって金額にものすごい差が出たり

一概にこうとは言えない仕組みでした。

でも理解できたのでスッキリです。

結局年金は幾ら貰えるか。

結論から書くと、夫婦合算で1ヶ月30万です。

今の時点で30万ということは

将来、受給額が2割減るとして

夫婦で24万円。

1人12万計算になります。

もっと少なく見積もって

受給額が3分の2になったとしても

2人で20万、1人10万。

リアルに厳しい数字になりましたが

最悪のシナリオを考えておくのも

プランを考える上で必要でした。

1ヶ月の生活費に20万かかるならトントン。

それ以上かかるなら、

働くか、貯めておくか

どちらかで補充しないといけません。

60歳になったら引退したいと思っていたのに

それどころか

何歳まで働けるのだろう。

と遠い先を眺めてしまいます。

年金の目安はだいたい分かりました。

あまり悲観しても仕方がないので

予想受給額を12万として計算します。

2人で24万円。

住居費がなければやっていけなくもなさそうですが

イメージするバラ色の老後には程遠いですね。

現在の生活費が幾らかかっているのか

ちゃんと計算してみることにします。

老後のことはそれからです。

お金に強くなる!

知らないことを知るだけで

モチベーションが上がりました。

考え方が間違っていなかったこと、

間違っていたかもしれないこと

気付きがいっぱいです。

コメント

  1. gulu より:

    お金は大事だよ~♩
    あの歌が日曜日から私の中でリフレインしています。
    ギリシャ人がサーフィンをきっかけに腰を痛めました。
    もう何年も慢性化している彼の腰痛。
    立ち仕事+サーフィンで彼の腰はボロボロなのだけど
    毎日ストレッチしたりヨガしたり気を付けながら生活してる。
    しかし久しぶりに一人で歩けないほどやらかしました。
    3日間安静にしてて今日からお店を開けることにしたけれど、
    悶絶しながら仕込みをしている模様。大丈夫なんかな~。
    どんな職業も健康が基本だけれど、自営業って恐ろしいなあって思ったよ。
    すぐさま収入ゼロだし、何の保証もない。
    貯えって大事だなと心底思ったところでした。
    ちゃんといろいろ考えなければね。
    当のギリシャ人は『俺は役立たず』とかなりへこんでいたけれど、
    変わらず出社する私に『ヒモも良いな!』と言っていたので、まあまあ元気ですw

    • カーニバル より:

      お店閉めるほどだったなんて
      腰は気をつけないといけないねぇ。
      気をつけてても痛めることあるんだろうけど
      あれは本人じゃないと分からない痛みなんでしょ。
      体は資本だからギリシャ人も無理はしないように。
      細くても長く働ける状態でいてね。
      だけどguluさんの存在って大きいね。
      すごいよ。

  2. どんぐりん より:

    うちの会社の加入してた企業年金基金は運用がうまくいかず 国に代行返上! 一部は確定年金として 一括 5 ,10 ,15 ,20年で選択してもらえるらしいけど まあ微々たるもんです。ただ会社の掛けてるお金なんで感謝だけどね。自腹なら 最初と話違うぞー!!ですよ。
    将来もらえる年金の概算は 50才以上でないとだせないと 年金事務所はいってましたよ。
    るるさんに褒めてもらってうれしいけど(記憶が曖昧でないかい?)
    確実に老後がしのびよってるよ(゚o゚;
    自営業も定年がないものの 身体資本だから大変だよね。うちの旦那も自営だったけど 最終的に会社形態にしてくれてて(社会保険)助かったところはあるな。

    • カーニバル より:

      微々でもね、あるだけ感謝だよね。
      20年計算したら総額はかなり大きな額になるし
      負担なしで貰えるんだからありがたい話よ。

      50歳になったらちゃんと調べてくれるって
      総務の人に言われたのはそういうことなのね。
      ねんきん定期便も50歳になってから届くやつは
      それまでのと違うんでしょ。
      どんどん具体化されていくんだよね。
      その時に焦らないよう、心構えだけでもしておこう。
      そして分からないことあったらすぐどんぐりんさんに教えてもらおう。
      近くに住んでてこれまたラッキー!

  3. haru3012 より:

    何かあっても大丈夫だよ!と言える下準備はすごく大事ですよね。
    自分の両親や主人の両親を見ていたら老後の備えはお金を含めですが暮らし方や心構えも込みなんだなぁ。
    何十年の暮らしの積み重ねが老後なんだと。
    当たり前なんでしょうが親の背中を見てお勉強中です。

    具体的な数字を出してゆくと不安も無くなって心構えができそうです。

    • カーニバル より:

      そうだよね、暮らし方や考え方、そして生き方
      どんどん大きくなっていくけど
      結局そういうことが関係してくるんだね。
      暮らしの積み重ねに老後があるって
      ビリビリ刺さったよ!名言集に加わるレベル。
      しかと受け止めました。本日も感謝です。

  4. くー より:

    カニ様!
    いつも暮らしぶりを参考にさせていただいています。
    記事とは異なる話題になり恐縮なのですが、洗剤について質問です。
    オシャレ着洗いには、どのメーカーの洗剤を使っていますか?

    • カーニバル より:

      くーさんこんにちは。お久しぶりです。
      おしゃれ着洗いもエコストアの使ってます。
      ユーカリの匂いが爽やかで気持ちがいいの。

  5. くー より:

    返信ありがとうございます。
    エコストア、オシャレ着洗いもあるのですね!アマゾンにはデリケートのは取り扱いがなく(売り切れ?)、見落としていたので情報ありがたいです。早速ロフト・コスメキッチンに探しに行ってみます。
    いつもカニさんから刺激をうけています!
    (特に蒸篭の活用で検索していて辿り着いたので、蒸篭メニューが出てくると心が踊ります!)

    • カーニバル より:

      梅雨から夏にかけては
      蒸篭の登場回数がガクンと減るけど
      ご飯蒸したり、蒸しパン作ったり
      シュウマイ温めたり
      この時季は地味に使ってます。

      おしゃれ着洗い、見つかるといいですね。

トップへ戻る