ありがとう。また逢えるよね。

言葉の贈り物が心に沁みます。

もっと一緒にいたかったと思います。

でも、あの子の人生の長さでみてみると

あの子の年齢がいくつであっても

全生涯をワタシ達家族と共に過ごしました。

大好きな家族と生涯を添い遂げたのです。

ワタシは、横田さんの言葉に救われました。

SNSフォローボタン
このページにはコメントできません
トップへ戻る