親子3人珍道中*松江編

111601

ご縁の国しまねプレミアム券を使って島根へ。

写真は有名店のうなぎ。

炭火で焼いたうなぎは、外がカリッ、中はふわっ

美味しい。すごく美味しい。でも高い。

高いんだから美味しいのは当たり前。

と思ってしまう貧乏人気質は抜けません。

松江フォーゲルパーク

雨が降っていたので

濡れずに遊べるところはないかと調べたら

花と鳥の楽園、フォーゲルパークがヒット。

なんだかよく分からないけど

時間はたっぷりあるので行ってみました。

111603

入場するなり楽園実感。

111604

着飾られたペンギン in 楽園。

111605

釘付け。

111606

鳥にエサあげました。

111608

全く期待していなかったけど

111609

地味に楽しくて

111610

気付けば数時間経過。

111607

やたらエサ代は必要だけど、それも100円。

111613

じわじわ楽しめる穴場でした。

前売りチケット買うと3人で400円浮いたので

そのお金は鳥達のエサ代に。

ふくろう他、やたら腕にのせられますがそれは別料金。

とはいえ、200円ぐらいのものなので胸が痛みません。

そしてパフェデビュー

一体それはどのような食べ物なのか。

見た事はあっても食べた記憶がないと言い張るムスメ。

食べたことぐらいあるでしょうよ。

食べたことなくても

食べる機会はなんぼでもあったでしょうよ。

パフェについてムスメと討論の末。

111614

旅先でパフェの思い出作りをすることに。

111615

何故ほうじ茶パフェを選ぶ?

111616

やっぱパフェ好きじゃない・・・。

おらおら、もったいないことを言うな。

でもさ、女子トークで出てくるパフェは

こういうのじゃないよね。

スカラベ136

お宿も面白い

111617

建物は古いけどサービスに不満はなし。

111618

部屋で焚くお香も好みのものを貰えるし

111621

浴衣を着たいというムスメの希望も叶えられ

111620

蟹も満腹になるまで食べましたよ。

お料理を運んできてくれる担当マダムは

とても感じの良い人で

あれこれ声をかけてくれるんだけど

何故か2秒ほどしか言葉が聞き取れず

例えば

「この鍋は・・・・」

「地元の・・・」

「新米の・・・」

「おかわ・・・」

「ジュースは・・・」

会話が最後まで聞き取れません。

何度も聞きなおして申し訳ないと思った夫は

なんとなくのニュアンスで対応していましたが

当のマダムはそんなことを気にもせず、

ひたすら上品。

小声でボソボソと囁きます。

「名産の・・・」

2秒トーク。

111622

111623

111624

111625

「ありが・・・・・」

マダムに見送られ、走り去る画。

カサカサカササー

SNSフォローボタン
このページにはコメントできません
トップへ戻る